コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粛親王 しゅくしんのう

百科事典マイペディアの解説

粛親王【しゅくしんおう】

中国清朝末期の皇族。同名の諸親王のうち一般には善耆(ぜんき)をさす。1898年父の死で爵位を継承。義和団事件後,民政部尚書(1907年),慶親王奕【きょう】(えききょう)の皇族内閣の民政部大臣(1911年),ついで理藩院大臣を歴任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅくしんおう【粛親王 Sù qīn wáng】

1866‐1922
中国清末の皇族。粛親王家は八大世襲家の一つで,太宗ホンタイジの長子に発する名門。同名の諸親王のうち一般には最後の善耆(ぜんき)をさす。善耆は1898年(光緒24)父の死で襲爵し義和団事件後,要職を歴任,1907年民政部尚書となり,11年(宣統3)慶親王の皇族内閣では民政部ついで理藩院大臣となった。辛亥革命がおこると宗社党に加わって革命に反対し,12年と16年の2度にわたって日本軍部と結んだ大陸浪人川島浪速らの策謀に乗り満蒙独立運動を画策したが失敗した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

粛親王の関連キーワードスーチンワン愛新覚羅顕琦鈴木 誠作マタ・ハリ粛親王善耆川島 浪速川島 芳子小磯 国昭桂 徳次復辟運動石川半山楢原陳政桂徳次耿精忠

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android