コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粛親王 しゅくしんのう

3件 の用語解説(粛親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

粛親王

中国の皇族・政治家。粛良親王隆懃の長子、川島芳子の父。名は善耆、字は艾堂。義和団事変で光緒帝の西安蒙塵に随行した。事変後、諸大臣を歴任し辛亥革命後は日本側の満蒙独立の策動に応じた。書は幼時に成親王に師事し、帖学派に終始した。民国11年(大正11・1922)薨去、57才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

粛親王【しゅくしんおう】

中国清朝末期の皇族。同名の諸親王のうち一般には善耆(ぜんき)をさす。1898年父の死で爵位を継承。義和団事件後,民政部尚書(1907年),慶親王奕【きょう】(えききょう)の皇族内閣の民政部大臣(1911年),ついで理藩院大臣を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅくしんおう【粛親王 Sù qīn wáng】

1866‐1922
中国清末の皇族。粛親王家は八大世襲家の一つで,太宗ホンタイジの長子に発する名門。同名の諸親王のうち一般には最後の善耆(ぜんき)をさす。善耆は1898年(光緒24)父の死で襲爵し義和団事件後,要職を歴任,1907年民政部尚書となり,11年(宣統3)慶親王の皇族内閣では民政部ついで理藩院大臣となった。辛亥革命がおこると宗社党に加わって革命に反対し,12年と16年の2度にわたって日本軍部と結んだ大陸浪人川島浪速らの策謀に乗り満蒙独立運動を画策したが失敗した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粛親王の関連情報