コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎芳太郎 かわさき よしたろう

2件 の用語解説(川崎芳太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎芳太郎 かわさき-よしたろう

1869-1920 明治-大正時代の実業家。
明治2年1月7日生まれ。ニューヨーク商業学校にまなび,帰国後川崎造船所(現川崎重工業)に入社。川崎正蔵の養子となり,明治29年副社長に就任。のち神戸川崎銀行頭取。大正6年川崎商船学校(現神戸商船大)を創立した。大正9年7月13日死去。52歳。鹿児島県出身。旧姓は鬼塚。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川崎芳太郎

没年:大正9.7.13(1920)
生年:明治2.1.7(1869.2.17)
明治大正期の実業家。本名は鬼塚芳太郎で川崎造船所創設者川崎正蔵 の甥。鹿児島で生まれ,明治19(1886)年に神戸の川崎造船所の事務員になり,米国のイーストマン商業学校に留学したのち,25年に正蔵の養嗣子となった。29年に株式会社川崎造船所が発足すると副社長に就任,温厚な性格で松方幸次郎社長を助けた。大正8(1919)年に川崎汽船,国際汽船,大福海上の各社長に就任し,男爵を授けられた。「予が一代は堪忍を以て一貫の主義となすべし」という言葉に,養嗣子としての芳太郎の生き方がよく表れている。<参考文献>岩崎虔『川崎芳太郎

(三島康雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川崎芳太郎の関連キーワード石垣隈太郎伊藤由太郎糸原武太郎片倉兼太郎(2代)鈴木与平豊沢松太郎(2代)能見愛太郎本出保太郎山下芳太郎由雄元太郎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone