コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎正蔵 かわさきしょうぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川崎正蔵
かわさきしょうぞう

[生]天保8(1837).7.10. 鹿児島
[没]1923.12.2. 神戸
川崎重工業の創始者。町人の家に生れ,17歳で長崎へ出て異人商会相手の商売を身につけ,27歳のとき大阪で物産店を開業。明治維新の動乱に際し勤王志士を助け,維新後大久保利通,前島密らの知遇を得,1878年東京築地に川崎造船所を創業,81年さらに兵庫造船所を開設。 86年官営兵庫造船所の払下げを受けて川崎造船所と命名,本格的な造船工場に発展させた。 96年株式会社川崎造船所に改組,今日の川崎重工業の基礎をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

川崎正蔵【かわさきしょうぞう】

実業家。川崎造船所(のち川崎重工業)の創立者。鹿児島の商家出身。薩摩藩の経済官僚となり,1878年東京築地に造船所を建設,のち兵庫にも建設して,借り受けた官営兵庫造船所とこれらを合わせ,1886年川崎造船所とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎正蔵 かわさき-しょうぞう

1837-1912 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)8年7月10日生まれ。明治6年郵便蒸気船会社の副頭取となる。11年川崎築地造船所を設立。20年川崎造船所(現川崎重工業)を創設し,造船業の基礎をつくった。大正元年12月2日死去。76歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川崎正蔵

没年:大正1.12.2(1912)
生年:天保8.7.10(1837.8.10)
明治期の実業家。川崎造船所の創設者。薩摩(鹿児島)藩の小商人の長男で,幼名は磯治。独学で国学や英語を学び,巨大海商の山木屋に就職し,鹿児島と長崎で海運,貿易,造船に従事した。大坂での小売商を経て明治4(1871)年に上京し,大蔵省から琉球特産品の調査を依頼され,日本国郵便蒸汽船会社の副頭取として琉球航路の開設に成功した。13年に沖縄県貢糖の特権的販売人に任命されて多額の手数料を得,また海運業や川崎紡績所の経営で資本を蓄積した。大蔵省から官有地と3万円を借用し,諸戸清六や森村市左衛門の融資を得て,11年5月に東京の京橋区築地南飯田町に川崎造船所を創設し,五代友厚から初期の運転資金の援助を受けた。19年4月に官営兵庫造船所の貸し下げを受け,経営の合理化を行った上で20年7月に払い下げを許可され,1割利引計算法によって約6万円を即納し,私営の川崎造船所としてスタートした。「商戦は最初の5分間」「大厦の材は一丘の木にあらず」を経営のモットーとし,市場の拡大のために奔走して造船所を拡大したが,29年10月に株式会社に組織変更したときに松方幸次郎を社長に就任させ,自らは病気のため顧問に退いた。新会社の2万株の大株主として死去するまでに187万円の莫大な配当を得,これで多数の株式と土地を購入し,31年に神戸新聞社,38年に神戸川崎銀行,さらに39年に朝鮮に川崎開成社という小作農場を設立した。美術品の収集家としても知られ,神戸布引の本邸内に長春閣という美術館を設けて,政財界人と交歓した。ナショナリズムの強い信奉者で,人脈作りの才能を持ち,大久保利通,松方正義,五代友厚を中心とする薩摩人ネットワークの中に入り込めたことが,成功の最大の要因であった。<参考文献>山本実彦『川崎正蔵』,三島康雄『造船王川崎正蔵の生涯』

(三島康雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわさきしょうぞう【川崎正蔵】

1837~1917) 明治期の実業家。鹿児島県生まれ。1878年(明治11)に設立した川崎築地造船所を母体に重工業分野の事業をおこした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川崎正蔵
かわさきしょうぞう
(1837―1912)

明治期の実業家。鹿児島の商家に生まれ、17歳のとき長崎に出て貿易業に従事。27歳のとき大阪に進出し、鹿児島との雑貨の交易を業とした。この間二度乗船が遭難し、そのときの経験から西洋船舶に強い信頼を抱くと同時に、その建造に乗り出す意思を固めたといわれる。明治維新後、沖縄の国産調査に従事し、その縁から郵便蒸汽船会社の副頭取に就任した。同社が三菱(みつびし)会社に合併されると、彼は一時三菱に属したが、のち離れて1878年(明治11)東京・築地(つきじ)に、川崎築地の造船所を開設。これより先、77年には琉球(りゅうきゅう)官糖取扱店を開き、さらに海運業も営むなど、多角的に事業を経営し、その利益で創業当初の造船業を支えた。86年官営兵庫造船所の貸下げを申請して認められ、同所に造船業を一本化したのち、翌87年には同所の払下げを受けて造船事業の基礎を確定した。しかし96年には施設の拡充を遂行するため同所を株式会社に改組し、それを機に同社の実権を松方幸次郎に譲って、経営の前面からは退いた。退隠後は神戸川崎銀行を設立し、朝鮮に田畑を所有するなど、もっぱら造船以外に力を注いだ。[柴 孝夫]
『三島康雄著『政商から造船王へ――川崎正蔵・川崎グループ創始者』(『日本の企業家(1) 明治篇』所収・1978・有斐閣) ▽山本実彦著『川崎正蔵』(1918・秀英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の川崎正蔵の言及

【川崎重工業[株]】より

…オートバイも生産している。1878年に川崎正蔵(1837‐1912)が東京築地で始めた川崎築地造船所を出発点とし,86年に神戸でも造船業を始め,事業も神戸に移し川崎造船所と改称した。96年改組して(株)川崎造船所となり,松方幸次郎が社長に就任。…

【川崎製鉄[株]】より

…“板の川鉄”といわれるように,鋼材生産に占める鋼板の比率が比較的高い。川崎製鉄の淵源は,1878年川崎正蔵が東京築地に川崎築地造船所を創業したことに始まる。彼の個人事業は日清戦争後の造船ブームに乗って発展した。…

※「川崎正蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川崎正蔵の関連キーワード川崎重工業[株]川崎重工業(株)川崎製鉄[株]川崎 芳太郎川崎芳太郎川崎財閥明治時代堺紡績所同所母体財閥

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川崎正蔵の関連情報