コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川嶋貞子 かわしま さだこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川嶋貞子 かわしま-さだこ

1889-1966 昭和時代の社会事業家。
明治22年5月5日生まれ。昭和18年聾(ろう)学校の野外教育用地として大阪府寝屋川の山林大阪市寄付。27年大阪府婦人団体連絡協議会の委員長となる。39年社会福祉法人百丈山合掌会を設立。おおくの宗教関連団体の役員をつとめた。昭和41年4月10日死去。76歳。山形県出身。愛知高女卒。旧姓長谷部

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川嶋貞子の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android