川瀬 善太郎(読み)カワセ ゼンタロウ

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の林学者 東京帝国大学教授。



生年
文久2年6月1日(1862年)

没年
昭和7(1932)年8月29日

出生地
江戸・麴町

出身地
和歌山県

学歴〔年〕
東京農林学校卒

学位〔年〕
林学博士〔明治32年〕

経歴
紀州藩士・川瀬成質の長男として江戸藩邸で生まれる。明治23年農商務省に入り、25年文部省留学生として林政学研究のためドイツに留学。28年帰国し帝国大学教授となり、林政学、森林法律学を講義する一方、29年農商務技師、山林局森林監査官を兼任し国の林政にも参与、大正2年欧米へ出張した。9年東京帝国大学農学部長となり、13年定年により退官。また明治25年から大日本山林会役員となり、大正9年会長に就任木材と木炭規格統一に関する事業や山林所得税の是正、記念植樹、演習林、農林高等学校の普及などに尽力した。著書に「林政要論」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android