川田 順(読み)カワダ ジュン

  • 川田 順 (かわだ じゅん)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の歌人,実業家 住友総本社常務理事。



生年
明治15(1882)年1月15日

没年
昭和41(1966)年1月22日

出生地
東京市浅草区三味線堀(現・東京都台東区)

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部政治学科〔明治40年〕卒

主な受賞名〔年〕
帝国芸術院賞(第1回)〔昭和17年〕「」「国初聖蹟歌」,朝日文化賞〔昭和19年〕

経歴
明治40年住友総本社に入社、昭和11年筆頭重役で引退するまで実業界にあったが、その間歌人として、「新古今集」の研究家としても活躍。戦後皇太子の作歌指導や歌会始選者を務めた。“老いらくの恋”と騒がれた。歌集に「伎芸天」「山海経」「鷲」「国初聖蹟歌」「東帰」「定本川田順全歌集」、研究書に「利玄と憲吉」「吉野朝の悲歌」「幕末愛国歌」「戦国時代和歌集」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1882年1月15日
大正時代;昭和時代の歌人;実業家。住友総本社常務理事
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川田 順の関連情報