工作船(読み)コウサクセン

大辞林 第三版の解説

こうさくせん【工作船】

海上で船の修理や艤装ぎそう工事などを行うため、工作機械類を設備した特殊船。
情報の収集など外国での秘密活動を行うために用いる船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうさく‐せん【工作船】

〘名〙
艦船の海上修理、沖修理、艤装工事を行なうための諸設備、機械などを備えた特殊な船。
※東京朝日新聞‐明治三八年(1905)六月一日「其後に工作船駆逐艦相次ぎ」
② 他国への働きかけ、情報収集、スパイ活動などを行う船。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

工作船の関連情報