コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工業統計調査 こうぎょうとうけいちょうさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工業統計調査
こうぎょうとうけいちょうさ

工業センサスともいう。統計法 (昭和 22年法律 18号) に基づく指定統計の一つで,通産省所管。毎年 12月 31日現在で製造業に属する民間事業所について事業所名,所在地,本・支店名とその所在地,資本金,経営組織,従業者数 (性別,地位別,労職別) ,月別常用雇用労働者,賃金給与総額,原材料燃料,電力の使用額,製造品,原材料の在庫額,有形固定資産,製造品の品目別出荷額,主要原材料名などを調べる。本調査に先立って調査対象を確定するための準備調査を行い,自己申告方式で調査員が配布集計にあたる。調査の結果は工業統計表産業編,品目編,企業編,原材料・燃料編など分冊で毎年公表される。この調査は,明治末期の「農商務統計報告規定」 (1910) に基づいて始められ,昭和に入り「資源調査法」 (29) から引継がれたもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうぎょうとうけい‐ちょうさ〔コウゲフトウケイテウサ〕【工業統計調査】

製造業の事業所を対象に行われる全数調査経済産業省が製造業全般の実態をつかむために毎年12月末現在で行うもので、事業所の従業者数・現金給与総額・原材料使用額・製造品在庫額および出荷額・付加価値額などを調査する。工業センサス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

工業統計調査の関連キーワード事業所・企業統計調査地域メッシュ標準商品分類建設機械工業賃金統計経済統計基幹統計

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

工業統計調査の関連情報