コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工程做法 こうていさほうGōng chéng zuò fǎ

世界大百科事典 第2版の解説

こうていさほう【工程做法 Gōng chéng zuò fǎ】

中国,清朝の工部が1731年(雍正9)に編纂,34年に頒行した官撰建築技術書。全74巻。大木(主体木構造),装修(造作),石・瓦・発券做法(アーチ),土の各工事について,それぞれ做法(技法),用料(用材積算),用工(工数積算)を詳述。大木では斗口(肘木(ひじき))の幅を基準寸法とする1~11等の比例寸法を用いる。《営造法式》と類似するが,細部の技法には極力簡略化,規格化がめだつ。【田中 淡】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

工程做法の関連キーワード中国建築

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android