コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工程做法 こうていさほう Gōng chéng zuò fǎ

1件 の用語解説(工程做法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうていさほう【工程做法 Gōng chéng zuò fǎ】

中国,清朝の工部が1731年(雍正9)に編纂,34年に頒行した官撰建築技術書。全74巻。大木(主体木構造),装修(造作),石・瓦・発券做法(アーチ),土の各工事について,それぞれ做法(技法),用料(用材積算),用工(工数積算)を詳述。大木では斗口(肘木(ひじき))の幅を基準寸法とする1~11等の比例寸法を用いる。《営造法式》と類似するが,細部の技法には極力簡略化,規格化がめだつ。【田中 淡】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

工程做法の関連キーワード乾隆帝円明園軍機処呉偉業工部大清会典文字の獄雍正帝清朝旗兵

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone