工藤精一郎(読み)くどう せいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

工藤精一郎 くどう-せいいちろう

1922-2008 昭和後期-平成時代のロシア文学者。
大正11年4月25日生まれ。戦後中山省三郎,原久一郎に師事,翻訳を手がける。昭和50年関西大教授。トルストイ「アンナ・カレーニナ」,ドストエフスキー「未成年」,アクショーノフ星の切符」など訳書多数。平成20年7月9日死去。86歳。福島県出身。ハルビン学院卒。本名は精一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android