コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原久一郎 はら ひさいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原久一郎 はら-ひさいちろう

1890-1971 大正-昭和時代のロシア文学者。
明治23年4月10日生まれ。原卓也の父。トルストイに傾倒し,作品の翻訳につとめ,昭和8年自宅にトルストイ普及会を設置した。11年から刊行の「大トルストイ全集」22巻個人訳は国際的にもたかく評価された。昭和46年10月19日死去。81歳。新潟県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はらひさいちろう【原久一郎】

1890‐1971(明治23‐昭和46)
ロシア文学翻訳家。新潟県生れ。早稲田大学英文科に学び,英訳で《アンナ・カレーニナ》を読んで感激し,以後ロシア文学の研究・紹介に専心した。アルツィバーシェフの作品集《ランデの死》(1918)を皮切りに,トルストイの作品を中心に数多くの翻訳を世に問うた。1936‐40年には個人訳で《大トルストイ全集》を完成,国際的な評価を受けた。【川端 香男里】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原久一郎
はらひさいちろう
(1890―1971)

ロシア文学者。新潟県生まれ。号は白光。1914年(大正3)早稲田(わせだ)大学英文科、17年東京外国語学校(現東京外国語大学)露語科卒業。21年から早稲田大学露文科講師となったが、ほどなく辞職し、ロシア文学の翻訳、紹介に専念した。とくにトルストイに心酔し、33年(昭和8)「トルストイ普及会」本部を設け、その思想の普及に努めた。訳業に『大トルストイ全集』22巻、ビリューコフ著『大トルストイ』三巻など、自書に『トルストイと私』がある。[江川 卓]
『『トルストイと私』(1972・毎日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

原久一郎の関連キーワード復活(トルストイの小説)クロイツェル・ソナタタラス・ブーリバショーロホフ貧しき人々工藤精一郎昭和時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android