コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢人 こせの ひと

2件 の用語解説(巨勢人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢人 こせの-ひと

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
巨勢大海(おおあま)の子。天智(てんじ)天皇10年(671)御史大夫(ぎょしたいふ)となる。同年左大臣蘇我赤兄(そがの-あかえ),右大臣中臣金(なかとみの-かね)らとともに重病の天皇の前で大友皇子(弘文天皇)をまもることをちかう。翌年の壬申(じんしん)の乱で大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)方に敗れ,流罪となった。名は比等,比登ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

巨勢人

生年:生没年不詳
7世紀の天智朝の高官。推古朝の小徳(冠位十二階第2位)大海の子。名は比等,比登などとも書く。天智10(671)年,蘇我果安,紀大人と共に御史大夫(のちの大納言)に任じられた。時に大錦下(大宝令制の従四位相当)。同年11月,死期の迫った天智天皇は,左右大臣,御史大夫の5人に,大友皇子を奉ずべきことを,内裏西殿の仏像の前で誓わせている。やがて壬申の乱が勃発し,巨勢人らは近江軍の将軍として参戦した。不破(岐阜県関町)に陣する大海人皇子(のちの天武天皇)軍を襲おうとしたが,内訌が生じて山部王を殺し,果安もまた自殺してしまい敗戦のやむなきにいたった。乱後の処分で一族と共に流刑に処せられた。<参考文献>直木孝次郎『壬申の乱』

(狩野久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone