コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘文天皇 こうぶんてんのう

6件 の用語解説(弘文天皇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘文天皇
こうぶんてんのう

[生]大化4(648)?
[没]弘文1(672).7.23. 近江
第 39代の天皇 (在位 671~672) 。名は大友皇子また伊賀皇子天智天皇の第1皇子。母は伊賀采女宅子娘 (やかこのいらつめ) 。父天智天皇に深く愛され,すでに皇太子大海人 (天武天皇 ) がいたにもかかわらず,天智 10 (671) 年太政大臣に任じられ政治に参与,皇儲に擬せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうぶん‐てんのう〔‐テンワウ〕【弘文天皇】

[648~672]第39代天皇。在位、671~672。天智天皇の第1皇子。名は大友・伊賀。天智天皇没後、壬申(じんしん)の乱大海人皇子(おおあまのおうじ)(天武天皇)と戦って敗死。即位の確証はないが、明治3年(1870)在位を認められ、弘文天皇と追諡(ついし)。懐風藻に漢詩2首が残る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弘文天皇【こうぶんてんのう】

大友皇子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

弘文天皇 こうぶんてんのう

648-672 飛鳥(あすか)時代,第39代天皇。
大化(たいか)4年生まれ。天智(てんじ)天皇の第1皇子。母は伊賀宅子娘(やかこのいらつめ)。天智天皇の死後,同母弟大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)との戦い(壬申(じんしん)の乱)に敗れ,天武天皇元年7月23日自決。25歳。「日本書紀」には立太子や即位の記述はなく,明治3年歴代にくわえられ,弘文天皇と追諡(ついし)された。墓所は長等山前陵(ながらのやまさきのみささぎ)(滋賀県大津市)。別名は大友皇子,伊賀皇子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

こうぶんてんのう【弘文天皇】

648~672) 第三九代天皇(在位671~672)。名は大友皇子・伊賀皇子。天智天皇の第一皇子。壬申じんしんの乱で大海人おおあまの皇子(天武天皇)に敗れて縊死いし。日本書紀は皇子の即位を認めないが、1870年(明治3)に在位を認めて諡おくりなされた。 → 大友皇子

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘文天皇
こうぶんてんのう
(648―672)

第39代に数えられる天皇(在位671~672)。大友皇子、伊賀皇子ともいう。天智(てんじ)天皇の嫡皇子。母は伊賀采女宅子娘(うねめやかこのいらつめ)。皇后は天武(てんむ)天皇の皇女十市(といち)皇女で、葛野(かどの)王を生む。夫人に藤原鎌足女(かまたりのむすめ)耳面(みみも)刀自がある。671年(天智天皇10)太政(だいじょう)大臣に任ぜられた。最初の太政大臣である。当時皇太弟として大海人(おおあま)皇子(後の天武)があり、天智は自分の死後、この2人の間に皇位の争いが起こるおそれのあることを懸念していたと察せられる。天智は死のすこし前に大海人に譲位を申し出たが、大海人は固辞し、出家して吉野山に入った。671年12月3日天智は崩御し、大友は大津宮で即位したと推測されるが明証はない。1870年(明治3)弘文天皇と追諡(ついし)された。672年(弘文天皇1)6月壬申(じんしん)の乱が起こり、大友は敗れて7月23日に山前(やまさき)で自殺した。陵は近江(おうみ)長等山(ながらやま)前陵。天皇は体格堂々として性格ははっきりして悟りが早く、古の学問に広く通じ、詩文に巧みで、百済(くだら)系渡来人学者を師として学んだ。『懐風藻』に詩2編が残っている。[横田健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の弘文天皇の言及

【大友皇子】より

…伊賀皇子ともいう。後世,弘文天皇と呼ばれる。天智天皇の皇子,母は伊賀の豪族の娘で伊賀采女宅子(いがのうねめやかこ)。…

※「弘文天皇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弘文天皇の関連キーワード飛鳥井宋世飛鳥井頼孝飛鳥井流飛鳥京飛鳥宮跡飛鳥の蘇大阪府羽曳野市飛鳥奈良県高市郡明日香村飛鳥飛鳥井曾衣穂積百足

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弘文天皇の関連情報