コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢利和 こせ としより

美術人名辞典の解説

巨勢利和

江戸後期の国文学者。武蔵生。松平信直の四男、巨勢至親の養子。初名は十郎、のち縫殿助・六左衛門、号は椿園。従五位下日向守。和歌を橘千蔭に学ぶ。著に『宇津保物語新治』等。天保5年(1834)歿、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢利和 こせ-としより

1767-1834 江戸時代中期-後期の武士,国学者。
明和4年6月20日生まれ。幕臣巨勢至親の養子。天明6年家督をつぎ,書院番頭(ばんがしら),側衆を歴任。加藤千蔭(ちかげ)にまなび,書にもすぐれた。天保(てんぽう)5年3月17日死去。68歳。本姓は松平。通称は幸十郎,縫殿助,六左衛門。号は椿園(ちんえん)。名は「としまさ」ともよむ。著作に「宇津保物語新治」,歌集に「椿園詠草」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

巨勢利和 (こせのとしかず)

生年月日:1767年6月20日
江戸時代後期の国文学者
1834年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

巨勢利和の関連キーワード生年月日国学者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android