巨勢利和(読み)こせ としより

美術人名辞典の解説

巨勢利和

江戸後期の国文学者。武蔵生。松平信直の四男、巨勢至親の養子。初名は十郎、のち縫殿助・六左衛門、号は椿園。従五位下日向守。和歌を橘千蔭に学ぶ。著に『宇津保物語新治』等。天保5年(1834)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢利和 こせ-としより

1767-1834 江戸時代中期-後期の武士,国学者。
明和4年6月20日生まれ。幕臣巨勢至親の養子。天明6年家督をつぎ,書院番頭(ばんがしら),側衆を歴任。加藤千蔭(ちかげ)にまなび,書にもすぐれた。天保(てんぽう)5年3月17日死去。68歳。本姓は松平。通称は幸十郎,縫殿助,六左衛門。号は椿園(ちんえん)。名は「としまさ」ともよむ。著作に「宇津保物語新治」,歌集に「椿園詠草」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

巨勢利和 (こせのとしかず)

生年月日:1767年6月20日
江戸時代後期の国文学者
1834年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android