コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿倍内麻呂 あべのうちまろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿倍内麻呂
あべのうちまろ

[生]?
[没]大化5(649).3.17. 大和
古代の豪族。倉梯麻呂 (くらはしまろ) ともいう。大化改新の推進者で,大化1 (645) 年,初代の左大臣となる。その娘小足媛は孝徳天皇の妃。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿倍内麻呂
あべのうちまろ
(?―649)

最初の左大臣。一名倉梯麻呂(くらはしまろ)。蘇我入鹿(そがのいるか)が殺され孝徳(こうとく)天皇が即位するとただちに左大臣に任命され、大化改新の枢機に参画した。しかし積極的に革新的政策を打ち出したかどうか疑わしい。その女(むすめ)小足媛(おたらしひめ)は孝徳即位前にその妃となっていたので、臣下の長老として徳望から左大臣に任ぜられたものであろう。648年(大化4)に四天王寺に僧尼を請(しょう)じ4躯(く)の仏像を迎え塔内に安置し、霊鷲山(りょうじゅせん)の像をつくった。大鳥大臣と号した。[横田健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の阿倍内麻呂の言及

【阿倍倉梯麻呂】より

…7世紀の中央豪族。阿倍内麻呂ともいい,大鳥大臣とも号した。内麻呂の内は阿倍氏中の家名で,大和国宇智郡ないし山城国宇治郡の地にちなむものと考えられ,推古・舒明紀にその名の見える阿倍麻呂も彼のことであろう。…

※「阿倍内麻呂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿倍内麻呂の関連キーワード有間皇子(ありまのおうじ)蘇我倉山田石川麻呂左大臣・右大臣阿倍倉梯麻呂蘇我石川麻呂巨勢徳陀古安倍文殊院巨勢徳太有間皇子

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android