コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公卿補任 くぎょうぶにん

6件 の用語解説(公卿補任の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公卿補任
くぎょうぶにん

神武天皇から明治1 (1868) 年にいたるまで,大臣以下参議までの公卿を序列によって並べ,兼官や任用栄転,辞任などの異動をその年ごとに記したもの。上流貴族の職員録,官職任用簿といえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くぎょうぶにん〔クギヤウブニン〕【公卿補任】

公卿の氏名・就任年月・官位などを年代順に記した職員録。神武天皇の代から明治元年(1868)までを記録する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

公卿補任【くぎょうぶにん】

神武天皇以来1868年に至るまでの公卿の官位を記した高官職員録。文武(もんむ)天皇以降は1年ごとに大臣および大納言中納言・参議および三位(さんみ)以上の者を列記し,官職や位の異動とその日付を細かに記してある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くぎょうぶにん【公卿補任】

摂政・関白以下参議以上の現官と,三位以上の有位者を列挙した公卿の名簿。現在広く用いられている《国史大系》所収の本書は,神武天皇より持統天皇までは代ごとに,文武天皇以降(697以降)は年ごとに列記して明治1年(1868)に及んでいる。各人につき,本官・位階・年齢・兼官などを注し,初出の個所には,父母と公卿に至るまでの経歴をまとめて載せる。本書の成立の経緯は明らかでないが,平安中期にはすでに現在の形に近いものが作成され,廷臣の間で利用されていたことが,《小右記》などの記録によって知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くぎょうぶにん【公卿補任】

神武天皇の国初より1868年(明治1)までの公卿の氏名・官歴などを年代順に書き記したもの。一〇世紀中頃に成立した「公卿伝」をもとに、代々書き継がれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公卿補任
くぎょうぶにん

大臣以下参議以上、非参議三位(さんみ)以上の公卿の氏名、叙位、任官などを注記した職員録。神武(じんむ)天皇の代から1868年(明治1)までを収録する。本書の首部(811年以前)は、『歴運記(れきうんき)』を基にしてつくられており、現在の流布本は、これに812年(弘仁3)以後の分を年々書き継ぎながら、しだいに全体の体裁を整え、欠失部分を補足していったものである。とくに陽成(ようぜい)天皇の884年(元慶8)までの部分には、注記に約280条、16種ほどの諸書が引用してあり、研究に有益である。『公卿伝』との関係については、内容、体裁とも異なり、両者は別書。鎌倉時代の古写本には冷泉家(れいぜいけ)本や九条家本、刊本に国史大系本がある。[渡辺直彦]
『『新訂増補国史大系 公卿補任』全6冊(1934~39・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の公卿補任の言及

【一代要記】より

…東山本は4冊で,書継ぎの状況のわかる貴重な本であるが,また各天皇および皇子女が朱と黒の系線で結ばれていて,一大皇室系図になっているが,流布本では系線が省略され,祖本の特徴の一つを減殺している。なお徳川光圀は,《公卿補任》の欠缺部分を補う《公卿補任補闕》を本書によって編纂し,高松藩主松平頼恕が,本書の後を継ぐ《歴朝要記》の編纂を行うなど,史学史上に与えた影響も大きい。《改定史籍集覧》所収。…

※「公卿補任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

公卿補任の関連キーワード公卿五摂家上達部蠲免奏授殿下非参議蔭孫蔭子孫薨奏

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公卿補任の関連情報