斑鳩/鵤(読み)イカル

デジタル大辞泉の解説

いかる【斑鳩/×鵤】

アトリ科の鳥。全長23センチくらい。体は灰色で、頭・風切り羽尾羽紺色くちばしは太く黄色。木の実を食べる。さえずりは「お菊二十四」などと聞きなされ、「月日星(つきひほし)」とも聞こえるところから三光鳥ともいう。東アジアに分布。まめまわし。いかるが。 夏》「―来て起きよ佳き日ぞと鳴きにけり/秋桜子
[補説]「」は国字

いかるが【斑鳩】

奈良県北西部、生駒郡の地名。かつてイカルが群居していたという。法隆寺中宮寺法輪寺などがあり、仏教の中心地であった。
イカルの別名。 夏》「豆粟に来て―や隣畑/青々

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いかるが【斑鳩】

イカルの古名。 「中つ枝に-懸け/万葉集 3239

いかるが【斑鳩】

奈良県北部、生駒いこま郡にある町。法隆寺・中宮寺などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はん‐きゅう ‥キウ【斑鳩】

〘名〙
① 鳥、(いかる)のこと。〔元和本下学集(1617)〕
② 鳥「しらこばと(白子鳩)」の漢名。
※菅家文草(900頃)四・北溟章「野馬吹相息、斑咲共嬌」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android