コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢惟久 こせの これひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢惟久 こせの-これひさ

?-? 鎌倉-南北朝時代の画家。
飛騨守(ひだのかみ)。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年(1347)比叡(ひえい)山で「後三年合戦絵」をえがいた。巨勢氏系図にみえる巨勢有茂(ありしげ)の子の宗久(むねひさ)と同一人とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

巨勢惟久の関連キーワード後三年合戦絵巻藤原伊久巨勢俊久

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android