貞和(読み)ジョウワ

大辞林 第三版の解説

じょうわ【貞和】

北朝の年号(1345.10.21~1350.2.27)。康永の後、観応の前。光明こうみよう・崇光すこう天皇の代。

ていわ【貞和】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうわ【貞和】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1345年から1350年まで、光明(こうみょう)天皇、崇光(すこう)天皇の代の北朝が使用した元号。前元号は康永(こうえい)。次元号は観応(かんのう)。1345年(康永4)10月21日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』を出典とする命名。貞和年間の南朝の天皇は後村上(ごむらかみ)天皇。南朝では、興国(こうこく)(1340~1346年)、正平(しょうへい)(1346~1370年)の元号を使用した。室町幕府の将軍は足利尊氏(たかうじ)(初代)。1347年(貞和3/正平2)、南朝方の楠木正行(まさつら)(楠木正成(まさしげ)の嫡男)は、摂津国の天王寺・住吉浜で北朝・幕府方の山名時氏(ときうじ)・細川顕氏(あきうじ)連合軍を撃破したが、翌年の四條畷(しじょうなわて)の戦いで、高師直(こうのもろなお)・師泰(もろやす)兄弟の軍勢に破れ自害した。その後、高師直は南朝の拠点である吉野を攻略し、後村上天皇が避難する事態となった。この頃から、尊氏の実弟の足利直義(ただよし)と高師直との対立が激化。1349年(貞和5/正平4)には、直義が逃げ込んだ尊氏邸を師直の軍勢が包囲し、直義の執務を停止させた。◇「ていわ」とも読む。

ていわ【貞和】

⇒貞和(じょうわ)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうわ ヂャウワ【貞和】

北朝の光明・崇光(すこう)天皇の代の年号。康永四年(一三四五=南朝興国六年)一〇月二一日、水害、疾疫などのため改元。貞和六年(一三五〇=南朝正平五年)二月二七日に観応元年となる。将軍足利尊氏の時代。出典は「芸文類聚」の「体乾霊之休徳、禀貞和之純精」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞和の関連情報