コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗久 そうきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗久 そうきゅう

?-? 南北朝時代の僧,歌人。
豊後(ぶんご)(大分県)大友氏の一族か。貞治(じょうじ)5=正平(しょうへい)21年(1366)「年中行事歌合」に参加。応安4=建徳2年(1371)九州探題となった今川貞世周防(すおう)(山口県)にたずね,以後貞世の使僧をつとめた。「新拾遺和歌集」「新後拾遺和歌集」などに4首がのっている。俗名は大友頼資。著作に「都のつと」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗久の関連キーワードフレンチドレッシング北野大茶の湯河内山宗春南北朝時代今井宗久巨勢惟久津田宗及武野紹鴎武野宗瓦恭堂敬彦山田忠能猪熊事件河尻秀長春屋宗園玉仲宗琇伊作久義谷川延林玄侑宗久山本無辺中陰の花

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗久の関連情報