コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢郎女 こせの いらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢郎女 こせの-いらつめ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の女性。
巨勢人(ひと)の娘。大伴安麻呂(おおともの-やすまろ)の妻となり,大伴田主(たぬし)を生んだ。「万葉集」に安麻呂の求婚歌と,郎女の返歌1首がおさめられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

巨勢郎女の関連キーワード大伴旅人奈良時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android