コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢馬主 こせの うまぬし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢馬主 こせの-うまぬし

?-? 奈良時代の官吏。
雅楽頭(うたのかみ)をへて宝亀(ほうき)2年(771)上総介(かずさのすけ)となる。3年任国の上総(千葉県)天羽(あまは)郡より牛の蹄(ひづめ)をもつ馬を祥瑞として献上したが,人工によることが発覚し解任された。のち能登守(のとのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

巨勢馬主の関連キーワード奈良時代雅楽頭

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android