コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨礫 きょれき boulder

翻訳|boulder

2件 の用語解説(巨礫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨礫
きょれき
boulder

の大きさの区分で径 256mm以上のもの。氷河が運搬し堆積した大礫 (漂礫) をさすこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

巨礫

boulder: 一般に摩滅されて円みを帯びた破片で,大きさは256mm以上のもの[Wentworth : 1922, Pettijohn : 1949].
shingle: 礫の大きなもの[渡辺編 : 1935].しかしgravelよりも大きく小石,砂利をいい,米国ではpebbleに当たると述べられている[ランダムハウス : 1994].この語は米国よりも英国の方が広く用いられている[Robert, et al. : 1983].学問的にはあまり用いられないようである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の巨礫の言及

【レキ岩(礫岩)】より

…直径2mm以上の砕屑物質をレキ(礫)といい,レキが基質によって膠結(こうけつ)されたものがレキ岩である。レキ岩は堆積岩の一種である。基質には砂,泥,石灰質物質やケイ質物質がある。レキの割合が50%以上を占めるものをレキ岩といい,それ以下の場合にはレキ質と呼ぶが,野外ではレキの割合が数十%以上のものはレキ岩に含めていることが多い。日本にはレキ岩がよく発達していて,ほとんどが砂質基質からなる。レキ種が1種のときは単成(単元)レキ岩,2種以上のときは複成(多元)レキ岩という。…

※「巨礫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

巨礫の関連キーワード通称通り相場秘録本命摩滅・磨滅摩滅流動礫岩Boulder Dam自然摩滅 (natural wear)摺曳摩滅 (dragged toe)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

巨礫の関連情報