コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漂礫 ひょうれきboulder

翻訳|boulder

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漂礫
ひょうれき

氷河によって運ばれた礫をさす。漂石ともいう。とくに大きなものは迷子石(まいごいし)とよばれる。氷河によっては遠方から運ばれてきたため、その土地にはない岩石からできていることがあり、よそから迷い込んできた石という意味でこの名がつけられた。堆積(たいせき)物としては粘土や砂を含み、漂礫土(ティルtill)とよばれる。[小野有五]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

漂礫の関連キーワードグレーターマンチェスタースコティッシュボーダーズアブレーション氷礫土ハーフォードシャー県ノースヨークシャー県リップル・ドリフト斜交ドリフティングロッジメント氷礫土ウォリックシャー県ウェストミーズ県磯(海や湖の岸)ランカシャー県北アイルランドオークニー諸島ロンドン盆地エセックス県サフォーク県リートリム県リマリック県イリノイ氷期

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android