差鬢(読み)サシビン

大辞林 第三版の解説

さしびん【差鬢】

女の髪の結い方の一。鬢を一段と高くしたもの。江戸時代、寛延・宝暦(1748~1764)頃流行した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さし‐びん【差鬢】

〘名〙 女の髪の結い方の一つ。鬢張(びんはり)を用いて、鬢をいちだんと高く張り出したもの。寛延・宝暦(一七四八‐六四)の頃流行した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android