己卯の士禍(読み)きぼうのしか(英語表記)Ǔlmyo sahwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

己卯の士禍
きぼうのしか
Ǔlmyo sahwa

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の中宗 14 (1519,己卯) 年に儒者趙光祖一派が洪景舟,南袞らの反対派の誣告によって処刑された事件。中宗は即位後,燕山君時代の悪政を改革,儒教政治を確立するため,趙光祖らの新進士を登用した。趙光祖は金宗直の流れをくむ朱子学者で,彼は迷信打破,郷約の全国的施行,科挙の代りに賢良科を実施して,新人材を登用するなどの革新的な政治を行なった。この結果,新進気鋭の趙光祖一派と南袞らの詞章派との対立が生じた。そして趙光祖一派が主張した靖国功臣 76名の功臣爵号と田地,奴婢の剥奪事件を機に,功臣らは謀略を用いて反撃し,趙光祖以下 75名を死刑または追放した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android