コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

己卯の士禍 きぼうのしかǓlmyo sahwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

己卯の士禍
きぼうのしか
Ǔlmyo sahwa

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の中宗 14 (1519,己卯) 年に儒者趙光祖一派が洪景舟,南袞らの反対派の誣告によって処刑された事件。中宗は即位後,燕山君時代の悪政を改革,儒教政治を確立するため,趙光祖らの新進士を登用した。趙光祖は金宗直の流れをくむ朱子学者で,彼は迷信打破,郷約の全国的施行,科挙の代りに賢良科を実施して,新人材を登用するなどの革新的な政治を行なった。この結果,新進気鋭の趙光祖一派と南袞らの詞章派との対立が生じた。そして趙光祖一派が主張した靖国功臣 76名の功臣爵号と田地,奴婢の剥奪事件を機に,功臣らは謀略を用いて反撃し,趙光祖以下 75名を死刑または追放した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

己卯の士禍の関連キーワード士禍

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android