コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

趙光祖 ちょうこうそCho Kwang‐jo

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうこうそ【趙光祖 Cho Kwang‐jo】

1482‐1519
朝鮮,李朝文臣儒者。字は孝直。号は静庵。漢陽の人。吉再(きつさい)の学統を継ぐ金宏弼(きんこうひつ)の門人朱子学を修め,士林領袖となる。王道政治の実現を説いて中宗の信任を得,賢良科の実施,昭格署(道教の寺院)の廃止などを行ったが,自派の士類を多く登用し,過激な言動があったため,南袞(なんこん)ら勲旧勢力の誣告(ぶこく)を受け,一党はことごとく断罪,彼も綾州に流され賜死した(己卯士禍)。著書に《静庵集》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の趙光祖の言及

【士禍】より

…(3)1519年(中宗14,乙卯)の〈乙卯士禍〉。1506年,燕山君が追放され,中宗が即位したが,中宗は趙光祖ら士林派を重用した。趙光祖らは土地兼併に反対して限田制を主張するなど,大土地所有者であった勲旧派への批判,闘争を推進したため,勲旧派の反感を買った。…

※「趙光祖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

趙光祖の関連キーワード己卯の士禍宣祖

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android