コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巳の日の祓 ミノヒノハラエ

デジタル大辞泉の解説

みのひ‐の‐はらえ〔‐はらへ〕【×巳の日の×祓】

陰暦3月上のの日に、人形(ひとがた)に身のけがれなどを移して川や海に流し捨てた行事。上巳(じょうし)の。その名残が流し雛(びな)にみられる。みのひのはらい。 春》上巳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みのひのはらえ【巳の日の祓】

陰暦三月上旬の巳の日に行われる祓。身のけがれを人形ひとかたに移し、川や海に流し捨てた行事。上巳じようしの祓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android