コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻文 マイブミ

デジタル大辞泉の解説

まい‐ぶみ【巻文】

巻物仕立てにされた文書。まきぶみ。→枚文(ひらぶみ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まいぶみ【巻文】

〔「まきぶみ」の転〕
巻紙に書き、巻物のように巻いた文。 ⇔ 枚文ひらぶみ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

巻文の関連キーワードタシュトゥイク文化台東区立書道博物館宮城県石巻市南浜町イオニア式オーダーバンテアイスレイボイン文化遺跡群コンポジット式トリポリエ文化オセアニア美術ククテニ文化野田 宇太郎ディミニ土器続千載和歌集蒙古襲来絵詞織田 作之助清戸迫横穴ボリュート林 芙美子万葉集註釈風葉和歌集

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巻文の関連情報