コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬 アリマ

大辞林 第三版の解説

ありま【有馬】

◇ 神戸市北区、六甲山地の北側、有馬川渓谷沿いの温泉地。
◇ 長崎県南島原市、島原半島の南部の古地名。キリシタン大名有馬氏の本拠。最初にセミナリヨが置かれた。
が山椒の産地であることから〕 青い山椒の実の塩漬けやつくだ煮を用いた料理につける名称。 「 -和え」 「 -煮」

ありま【有馬】

姓氏の一。
肥前国の戦国大名。藤原純友の裔を称するが、鎮西平氏の支流とされる。キリシタン大名晴信で知られる。
筑後国久留米の大名。摂津国有馬郡有馬荘に始まる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

有馬の関連キーワード恋と伯爵と大正デモクラシー/有馬頼寧日記1919福岡県久留米市篠山町マンハッタンカフェシルクジャスティス旅の宿 しっとり湯マヤノトップガンアンバーシャダイ神戸電鉄有馬線神戸電鉄三田線有馬山・有間山メジロパーマーダイユウサクタニノチカラカブトシロー北有馬[町]有馬玄蕃頭ありがとうラジウム泉兵部卿法印終身未決囚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有馬の関連情報