市古宙三(読み)いちこ ちゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市古宙三 いちこ-ちゅうぞう

1913-2014 昭和-平成時代の東洋史学者。
大正2年6月19日生まれ。国文学者・市古貞次の弟。東亜研究所員をへて昭和26年お茶の水女子大助教授となり,32年教授,51年学長。のち中央大教授。専攻は中国近代史。東洋文庫の近代中国委員会員として中国近現代史関係の史料収集と整理につとめた。平成26年6月21日死去。101歳。山梨県出身。東京帝大卒。著作に「近代中国の政治と社会」「中国の革命」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android