コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市場価値 シジョウカチ

2件 の用語解説(市場価値の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しじょう‐かち〔シヂヤウ‐〕【市場価値】

生産条件の異なる企業によって生産される同種商品全体の平均価値。市場での競争によって決定され、市場価格が成立する基礎となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しじょうかち【市場価値】

市場価格を決定する基礎となる価値。同種商品全体の平均価値に一致するものと考えられている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の市場価値の言及

【市場価格】より

…市場価格が生産価格と合致していれば社会的労働配分が均衡していることを意味するのであって,市場価格の変動はまさに社会的労働配分の絶えざる不均衡を是正していく商品経済のもつ社会的機能にほかならない。 以上は異なる産業部門間に生じる価格変動の問題だが,マルクスは《資本論》でさらに市場価格運動の内部的構造を形成するものとして市場価値Marktwertという概念を提起し,それと市場価格Marktpreisとの関係について若干の説明を加えている。市場価値とは,特定の産業部門内部で生産条件の優劣などの相違によって異なる個別的価値が成立しているとき,それらと区別され,かつその部門の社会的価値を決定する,市場を媒介にして形成される平均価値である。…

【資本論】より

…異部門間の競争で平均以下の利潤率に耐ええなかった資本が,同種部門の内部ではどうしてそれに耐えなければならないのか。《資本論》は,同種の生産部門内の価格形成(〈市場生産価格〉)をとくに〈市場価値論〉として展開し,最悪の条件,または最良の条件のもとで生産された商品が,市場価格の動揺の中心をなす〈市場価値〉を規制する,ことを認めている。この市場価値の正常な社会的価値からの〈ずれ〉の問題がマルクス経済学者のあいだに,果てしない〈市場価値論争〉を呼びおこしている。…

※「市場価値」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

市場価値の関連キーワード生産性オーガニック農産物酵素欠損症畜産食品鉱工業生産指数(Industrial produce index)国内総生産(GDP)中山間地域等直接支払制度農業の交易条件素材生産サービス事業体

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市場価値の関連情報