コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川代治郎 いちかわ だいじろう

2件 の用語解説(市川代治郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川代治郎 いちかわ-だいじろう

1825-1896 明治時代の建築家。
文政8年8月5日生まれ。信濃(しなの)下中込(しもなかごみ)村(長野県佐久(さく)市)の大工。江戸築地(つきじ)本願寺建築の総棟梁小林源蔵のもとで脇棟梁をつとめ,急死した源蔵にかわって工事を完成させる。明治2-6年アメリカで建築学を修得。郷里の成知(せいち)学校(旧中込学校,重要文化財)を設計し,8年完工した。明治29年4月25日死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

市川代治郎

没年:明治29.4.25(1896)
生年:文政8.8.5(1825.9.17)
幕末明治期の大工。信州(長野県)佐久下中込村石神の名主,市川八郎右衛門の次男。幼名は林蔵。小林杢之助に弟子入りして大工になる。江戸築地の西本願寺工事などにもかかわる。自筆の履歴によればケルモロに雇われ明治2(1869)年から6年にアメリカへ渡り修業したという。設計・施工した代表的建物に成知(中込)学校がある。その後名古屋で石鹸工場を興し,さらに和歌山県でみかん酒の醸造や花崗岩石材の工業に従事したと伝えられる。変化する時代に体当たりで夢をかけた職人。<参考文献>文化財建造物保存技術協会編『重要文化財 旧中込学校々舎修理工事報告書』

(初田亨)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市川代治郎の関連キーワード佐久大井政子小林多津衛佐久間勝友佐久間勝豊佐久間安次(1)佐久間安長立石清重早川権弥信州蕎麦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone