修得(読み)しゅうとく

精選版 日本国語大辞典「修得」の解説

しゅう‐とく シウ‥【修得】

〘名〙
① 道を修行すること。〔謝枋得‐武夷山中詩〕
② 学問、技術などをならいおぼえて身につけること。学業の課程を履修し終わること。しゅとく。
※正法眼蔵(1231‐53)心不可得「佗心通をも修得せりといへども」
女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一四「授業時間を一時間延長してかれこれ高女教育に近い科目を修得せしめてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android