コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川復斎 いちかわ ふくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川復斎 いちかわ-ふくさい

1828-1863* 幕末の武士。
文政11年11月16日生まれ。石見(いわみ)(島根県)津和野藩儒。昌平黌(しょうへいこう)にはいり,また古賀精里の門でまなぶ。藩校養老館の教頭となり,のち寺社奉行を兼任。藩の蘭医吉木蘭斎らと開国を主張したがいれられなかった。文久2年11月14日死去。35歳。名は住儆,剛之(たかゆき)。通称は弁五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市川復斎の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝宇田川榕菴中島名左衛門カションサマーズツンベリーパークスフェントンユンケル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android