コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昌平黌 しょうへいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

昌平黌
しょうへいこう

江戸幕府の学校。昌平坂学問所聖堂ともいう。最初幕府の文教を担当した林家の私塾であったが,元禄3 (1690) 年林家3代目鳳岡 (ほうこう) のとき,5代将軍徳川綱吉の文教奨励策によって,これを神田湯島に移し,孔子廟や学寮を建て,その地を孔子生誕の地にちなみ昌平坂と名づけ,聖堂と称した。寛政の改革に際し,朱子学正学として寛政9 (1797) 年幕府の学問所として昌平黌と名づけ,庶人の入学を禁じ,幕臣,藩士らの子弟を教育した。別に諸生寮を設置して陪臣,浪人も入学させたので,幕末には諸国の人材が集った。明治維新後は昌平学校,大学校となり,明治4 (1871) 年廃校。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

昌平黌【しょうへいこう】

昌平坂学問所

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しょうへいこう【昌平黌】

江戸幕府の学問所。1632年、林羅山が上野の忍岡に孔子廟を営んだのが起源。徳川綱吉が1690年神田湯島に移転。林家が大学頭だいがくのかみとなり、官学としての昌平黌(湯島聖堂)が成立した。以後ふるわなかったが、寛政の改革で昌平坂学問所と改称、官学振興が図られた。1870年(明治3)学制改正で休校、廃絶。聖堂。江戸学問所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昌平黌
しょうへいこう

江戸幕府直轄の学校。昌平坂聖堂、昌平坂学問所ともよぶ。もと幕府の文教方面を担当した林家(りんけ)の私塾だったが、元禄(げんろく)初年、湯島聖堂建立と同時に同敷地内に移され、寛政(かんせい)の改革の際、実質的に官学となった。
 林家の初代羅山(らざん)が1630年(寛永7)に幕府から上野忍ヶ岡(しのぶがおか)に土地を与えられ、書院と文庫を設立したのに始まり、32年尾張(おわり)藩主徳川義直(よしなお)の援助で孔子廟(こうしびょう)(先聖殿)を創建、2代目鵞峰(がほう)のとき、63年(寛文3)に「弘文館(こうぶんかん)」の名が与えられ学寮も設けられて、門人の教育も本格化した。5代将軍徳川綱吉(つなよし)は90年(元禄3)に孔子廟を神田湯島へ移し、3代目鳳岡(ほうこう)(信篤(のぶあつ))が大学頭(だいがくのかみ)に任ぜられて、仰高門(ぎょうこうもん)東舎での儒教経典の講釈が始まった。4代以後の林家は人材なく他学派に圧倒され、1703年(元禄16)と72年(安永1)に火災にあったため不振状態となる。やがて87年(天明7)松平定信(さだのぶ)の老中首座就任、寛政の改革が始まるや、学舎を新築拡張、名を昌平坂学問所と改め、「正学」(程朱(ていしゅ)学)以外の異学を禁じ、柴野栗山(しばのりつざん)、岡田寒泉(かんせん)、尾藤二洲(びとうじしゅう)、古賀精里(こがせいり)を迎えて教授陣を強化した。93年(寛政5)岩村藩主松平乗薀(のりもり)の子衡(たいら)が林家を継ぎ(述斎)、大学頭となったのちは、学制、施設、人事の全般が整備。旗本の子弟のほか、陪臣、郷士、浪人の入学をも許したから、幕末には諸藩の秀才が集まった。寛政以後、佐藤一斎(いっさい)、安積艮斎(あさかごんさい)らの活動があり、1862年(文久2)学問所奉行(ぶぎょう)所の新設に伴い塩谷宕陰(しおのやとういん)、安井息軒(そくけん)らも教授陣に加えられて、多くの人材を養成した。明治維新後は昌平学校となり、1869年(明治2)に大学校と改称、71年に廃止された。寛政年間建築の聖堂は関東大震災で消失、のち1935年(昭和10)に再建された。[宮崎道生]
『和島芳男著『昌平校と藩学』(1962・至文堂) ▽鈴木三八男著『聖堂物語』(1969・斯文会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の昌平黌の言及

【昌平坂学問所】より

…江戸幕府直轄の学問所。江戸湯島にあり昌平黌(しようへいこう)ともいう。1790年(寛政2)寛政改革の一環として聖堂預りの林大学頭(信敬)に教学伸張の令(寛政異学の禁)を発し,つづいて学制規則を定め,庁堂学舎改作や教官増強の議がなされた。…

【図書館】より

…その蔵書は今日,一部は宮内庁書陵部,大部分は国立公文書館に移管されている。 このほか幕府の直轄学校昌平黌(しようへいこう)に文庫が併置され,紅葉山文庫の本も何度か移されている。各地の藩学付属の文庫,大名の個人文庫にも注目すべきものがある。…

【納本制度】より

…ついで1709年版権保護を出版者側が求めたことで,納本受入れ図書館は計9館に増え,最終的には,1911年以降今日に至るまで,大英博物館図書館,オックスフォード,ケンブリッジ両大学図書館,スコットランドの国立図書館,ウェールズの国立図書館,それにアイルランドのトリニティ・カレッジ図書館となっている。 日本の場合は1842年(天保13)幕府の官学であった昌平黌(しようへいこう)が〈全国出版物改め〉を実行し,新刊書の納本をさせている。また明治新政府は1875年,内務省が納本制度をとっており,その本の現物は旧帝国図書館に交付という形で納められた。…

※「昌平黌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

昌平黌の関連キーワード東日本国際大学寛政異学の禁寛政の三博士大谷木醇堂官版・官板江戸学問所宮本 小一児玉源之丞横尾静安松崎慊堂葛西因是久米邦武大学東校秋山玉山安積艮斎森田節斎宮原易安古賀精里内藤鳴雪塩谷宕陰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android