コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市村正親 いちむらまさちか

3件 の用語解説(市村正親の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

市村正親

日本の俳優。1949年1月28日、埼玉県川越市生まれ。舞台芸術学院卒業後、俳優・西村晃の付き人を経て、73年に劇団四季ミュージカルイエス・キリスト=スーパースター」で俳優デビュー。翌年同劇団に入団し、80年代の看板俳優となる。83年には芸術選奨文部大臣賞新人賞を受賞した。90年、劇団四季を退団。以降、様々な舞台に出演し、日本を代表する舞台俳優と称されている。2002年、芸術選奨文科大臣賞を受賞し、07年には紫綬褒章を受勲。11年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」(明智光秀役)や、12年・14年の映画「テルマエ・ロマエシリーズ(ローマ皇帝ハドリアヌス役)など、テレビや映画にも多数出演している。05年に女優の篠原涼子と結婚。14年7月27日、初期の胃癌であることを発表、出演中だったミュージカル「ミス・サイゴン」を休演することとなった。

(2014-7-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市村正親 いちむら-まさちか

1949- 昭和後期-平成時代の俳優。
昭和24年1月28日生まれ。舞台芸術学院でまなび,昭和47年劇団四季のオーディションに合格,ミュージカル「ジーザス・クライスト=スーパースター」でデビュー。「キャッツ」「オペラ座の怪人」「ミス・サイゴン」などに出演,ミュージカルスターとして活躍。平成17年篠原涼子と結婚。21年「キーン」「ラ・カージュ・オ・フォール」で朝日舞台芸術賞秋元松代賞。22年「炎の人」の演技で紀伊国屋演劇賞,読売演劇大賞最優秀男優賞。23年岩谷時子賞特別賞。埼玉県出身。川越商卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

市村 正親


芸名
市村 正親

性別
男性

生年月日
1949/01/28

星座
みずがめ座

干支
丑年

血液型
A

出身地
埼玉県

デビュー年
1973

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
1973年に劇団四季『イエス・キリスト=スーパースター』でデビュー。以後、退団後もミュージカル、ストレートプレイ、一人芝居など様々な舞台に意欲的に挑戦し、数々の賞を受賞してきた日本を代表する舞台俳優。映画、テレビでの活躍も多い。主な出演作品に、舞台『ミス・サイゴン』『海の上のピアニスト』『オペラ座の怪人』『炎の人』、日本テレビ『ATARU』、映画『ベロニカは死ぬことにした』『テルマエロマエ』など。

デビュー作
舞台『劇団四季「イエス・キリスト=スーパースター」』

代表作品
舞台『スクルージ』主演(スクルージ役) / 舞台『プリンス・オブ・ブロードウェイ』(声)(2015) / ミュージカル『スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師~』主演(2016)

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市村正親の関連キーワード市村市村宇左衛門(4代)市村亀蔵(初代)市村亀蔵(2代)市村謙一郎市村竹之丞(4代)市村竹之丞(5代)甲斐庄正親戸沢正親平田正親

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市村正親の関連情報