コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市民的自由 しみんてきじゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市民的自由
しみんてきじゆう

身体の自由,財産の利用,職業の選択,居住信教の自由など近代市民社会における個人の種々な自由を意味する。この自由は専制政治とたたかって近代市民が獲得してきたものであって,これを理論的に援護したのは自然法思想である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

市民的自由の関連キーワードメルク(Johann Heinrich Merck)プライス(Richard Price)デューイ(John Dewey)権利章典(アメリカ)ユーロコミュニズム大正デモクラシー一八四八年の革命教員の政治活動ブルジョアジーナポレオン3世国土安全保障省非スターリン化S. ウィッテ原子論的国家観マッカーシズムスティーブンズジャーナリズム世界人権宣言国家社会主義社会主義社会

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市民的自由の関連情報