コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河見西の妻 いちかわ・げんさいのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

市河見西の妻

生年:生没年不詳
鎌倉中期の武家の女性,信濃(長野県)の市河高光(見西)の妻。藤原氏出身。結婚に際し,自分に咎なく離縁された場合,信濃,伊勢,甲斐の所領をもらい受ける旨の契約を交わす。寛元年間(1243~47)に夫高光が,彼女に密通濡れ衣を着せて約束を反故にしようとしたので,荏柄社に起請文を捧げ神判を問い,見事に勝訴した。

(鈴木国弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

市河見西の妻の関連キーワード生年

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android