コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡れ衣 ヌレギヌ

4件 の用語解説(濡れ衣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬれ‐ぎぬ【×濡れ衣】

濡れた衣服。身に覚えのない罪をいうたとえ。「その疑いは濡れ衣だ」
根拠のないうわさ。無実の浮き名。ぬれごろも。
「憎からぬ人ゆゑは、―をだに着まほしがる類もあなればにや」〈・紅葉賀〉

ぬれ‐ごろも【×濡れ衣】

ぬれぎぬ1」に同じ。
「のがるとも誰か着ざらむ―天(あめ)の下にし住まむ限りは」〈大和・四四〉
根も葉もないうわさ。ぬれぎぬ。
「―は、なほ、え干させ給はじ」〈・夕霧〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬれぎぬ【濡れ衣】

濡れた衣服。ぬれごろも。
無実の罪をきせられること。 「とんでもない-だ」
根も葉もないうわさ。無実の浮き名。ぬれごろも。 「 -をのみきること、今ははらへ捨ててむと/和泉式部集」

ぬれごろも【濡れ衣】

濡れた衣。ぬれぎぬ。 「行く年を小島のあまの-かさねて袖に浪やかくらむ/新古今
無実の浮き名。無実の罪。ぬれぎぬ。 「のがるとも誰か着ざらむ-天の下にし住まむかぎりは/大和 44

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

濡れ衣の関連情報