コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濡れ衣 ヌレギヌ

4件 の用語解説(濡れ衣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬれ‐ぎぬ【×濡れ衣】

濡れた衣服。身に覚えのない罪をいうたとえ。「その疑いは濡れ衣だ」
根拠のないうわさ。無実の浮き名。ぬれごろも。
「憎からぬ人ゆゑは、―をだに着まほしがる類もあなればにや」〈・紅葉賀〉

ぬれ‐ごろも【×濡れ衣】

ぬれぎぬ1」に同じ。
「のがるとも誰か着ざらむ―天(あめ)の下にし住まむ限りは」〈大和・四四〉
根も葉もないうわさ。ぬれぎぬ。
「―は、なほ、え干させ給はじ」〈・夕霧〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぬれぎぬ【濡れ衣】

濡れた衣服。ぬれごろも。
無実の罪をきせられること。 「とんでもない-だ」
根も葉もないうわさ。無実の浮き名。ぬれごろも。 「 -をのみきること、今ははらへ捨ててむと/和泉式部集」

ぬれごろも【濡れ衣】

濡れた衣。ぬれぎぬ。 「行く年を小島のあまの-かさねて袖に浪やかくらむ/新古今
無実の浮き名。無実の罪。ぬれぎぬ。 「のがるとも誰か着ざらむ-天の下にし住まむかぎりは/大和 44

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濡れ衣の関連キーワード腕に覚えがある掛け替えのない心覚え心にもない無き名濡れ衣を着る濡れ鼠身に覚えがある無き事身に覚えのない

濡れ衣の関連情報