密通(読み)ミッツウ

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
ひそかに通じ合うこと。また、ひそかに通知すること。「敵と密通する」
肉体関係をもつことが許されない二人が、ひそかに関係すること。私通。「不義密通

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
ひそかに通知すること。
妻あるいは夫以外の異性とひそかに情を通わすこと。 人妻と-する 不義-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸時代の姦通(かんつう)をさす語。もっとも当時は無夫姦をも密通とよび、無夫姦の場合、女は処罰されず、男だけが手鎖(てじょう)を科せられ、有夫姦の場合には、男女とも死罪となった。また、夫は姦通の現行犯の男女を殺害する権利を有し、公事方御定書(くじかたおさだめがき)によると、この規定は1743年(寛保3)に設けられたことになっているが、戦国時代の分国法にも同様の規定がみられる。1870年(明治3)制定の新律綱領、82年施行の旧刑法にも同様の規定はあった。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ひそかに通じあうこと。また、ひそかに通知すること。また、その通知など。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※太閤記(1625)三「毛利家よりの密通だも思ひたえたり」
② 道義に反して、男女がひそかに肉体関係を持つこと。私通。みそかごと。
※吾妻鏡‐建仁二年(1202)八月一五日「此女、日来古郡左衛門尉保忠密通、成比翼連理契之処」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の密通の言及

【妻敵討】より

…この法理は,本夫が姦夫を殺したことに対する復讐を姦夫に代わって本夫が,本夫の身代りである共犯の姦婦を殺害することによって相殺する,という相殺主義に基づいており,当時の人々に支持され,しだいに戦国家法,江戸幕府法に継承されていった。【勝俣 鎮夫】 江戸時代においては,妻敵討の語は,通常,密通して逃亡した姦夫,もしくは姦夫姦婦を夫が捜し出して斬り殺すことを意味した。幕府は密通した妻とその相手に対する殺害権を,一種の私的刑罰権として夫に認めていた。…

※「密通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

密通の関連情報