コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密通 ミッツウ

デジタル大辞泉の解説

みっ‐つう【密通】

[名](スル)
ひそかに通じ合うこと。また、ひそかに通知すること。「敵と密通する」
妻あるいは夫以外の異性と、隠れて情を通じること。私通。「不義密通

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みっつう【密通】

( 名 ) スル
ひそかに通知すること。
妻あるいは夫以外の異性とひそかに情を通わすこと。 「人妻と-する」 「不義-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

密通
みっつう

江戸時代の姦通(かんつう)をさす語。もっとも当時は無夫姦をも密通とよび、無夫姦の場合、女は処罰されず、男だけが手鎖(てじょう)を科せられ、有夫姦の場合には、男女とも死罪となった。また、夫は姦通の現行犯の男女を殺害する権利を有し、公事方御定書(くじかたおさだめがき)によると、この規定は1743年(寛保3)に設けられたことになっているが、戦国時代の分国法にも同様の規定がみられる。1870年(明治3)制定の新律綱領、82年施行の旧刑法にも同様の規定はあった。[石井良助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の密通の言及

【妻敵討】より

…この法理は,本夫が姦夫を殺したことに対する復讐を姦夫に代わって本夫が,本夫の身代りである共犯の姦婦を殺害することによって相殺する,という相殺主義に基づいており,当時の人々に支持され,しだいに戦国家法,江戸幕府法に継承されていった。【勝俣 鎮夫】 江戸時代においては,妻敵討の語は,通常,密通して逃亡した姦夫,もしくは姦夫姦婦を夫が捜し出して斬り殺すことを意味した。幕府は密通した妻とその相手に対する殺害権を,一種の私的刑罰権として夫に認めていた。…

※「密通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

密通の関連キーワード不義は御家の御法度我身にたどる姫君不義は御家の法度因果の胤を宿す与話情浮名横櫛おさん・茂兵衛鑓の権三重帷子おさん茂兵衛女敵・妻敵大経師昔暦樽屋おせん江島・絵島マリアムネ姦通・姧通生島新五郎飛鳥井雅賢真麻・苧麻情を通ずる猪熊教利猪熊事件

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

密通の関連情報