コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密通 ミッツウ

3件 の用語解説(密通の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みっ‐つう【密通】

[名](スル)
ひそかに通じ合うこと。また、ひそかに通知すること。「敵と密通する」
妻あるいは夫以外の異性と、隠れて情を通じること。私通。「不義密通

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みっつう【密通】

( 名 ) スル
ひそかに通知すること。
妻あるいは夫以外の異性とひそかに情を通わすこと。 「人妻と-する」 「不義-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

密通
みっつう

江戸時代の姦通(かんつう)をさす語。もっとも当時は無夫姦をも密通とよび、無夫姦の場合、女は処罰されず、男だけが手鎖(てじょう)を科せられ、有夫姦の場合には、男女とも死罪となった。また、夫は姦通の現行犯の男女を殺害する権利を有し、公事方御定書(くじかたおさだめがき)によると、この規定は1743年(寛保3)に設けられたことになっているが、戦国時代の分国法にも同様の規定がみられる。1870年(明治3)制定の新律綱領、82年施行の旧刑法にも同様の規定はあった。[石井良助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の密通の言及

【妻敵討】より

…この法理は,本夫が姦夫を殺したことに対する復讐を姦夫に代わって本夫が,本夫の身代りである共犯の姦婦を殺害することによって相殺する,という相殺主義に基づいており,当時の人々に支持され,しだいに戦国家法,江戸幕府法に継承されていった。【勝俣 鎮夫】 江戸時代においては,妻敵討の語は,通常,密通して逃亡した姦夫,もしくは姦夫姦婦を夫が捜し出して斬り殺すことを意味した。幕府は密通した妻とその相手に対する殺害権を,一種の私的刑罰権として夫に認めていた。…

※「密通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

密通の関連キーワード内内交感乳繰り合う出来合う内応内通馴れ合い捩じ合う密か事通款

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

密通の関連情報