コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河見西妻 いちかわ げんさいの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市河見西妻 いちかわ-げんさいの-つま

?-? 鎌倉時代の女性。
信濃(しなの)の武家市河高光(法号見西)と結婚,そのとき離縁されたら信濃・伊勢(いせ)・甲斐(かい)の所領をもらう契約をかわす。のち離別されて訴訟をおこしたが,見西は落合泰宗(やすむね)との密通を理由に譲与しなかった。寛元2年(1244)潔白を証明するため泰宗と起請文(きしょうもん)をかいてふたりで7日7夜鎌倉の荏柄(えがら)天神社に参籠(さんろう),幕府の裁きで所領をえた。本姓は藤原。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

市河見西妻の関連キーワード信濃

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android