コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市河見西妻 いちかわ げんさいの つま

1件 の用語解説(市河見西妻の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市河見西妻 いちかわ-げんさいの-つま

?-? 鎌倉時代の女性。
信濃(しなの)の武家市河高光(法号見西)と結婚,そのとき離縁されたら信濃・伊勢(いせ)・甲斐(かい)の所領をもらう契約をかわす。のち離別されて訴訟をおこしたが,見西は落合泰宗(やすむね)との密通を理由に譲与しなかった。寛元2年(1244)潔白を証明するため泰宗と起請文(きしょうもん)をかいてふたりで7日7夜鎌倉の荏柄(えがら)天神社に参籠(さんろう),幕府の裁きで所領をえた。本姓は藤原。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone