コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希少疾病用医薬品 きしょうしっぺいよういやくひん

百科事典マイペディアの解説

希少疾病用医薬品【きしょうしっぺいよういやくひん】

患者数が極めて少ない疾患の診断および治療に使用される薬剤のこと。希用薬とも呼ばれる。需要が少ないために開発生産販売による利益が見込めず,製薬会社が積極的には開発したがらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

希少疾病用医薬品の関連キーワード筋萎縮性側索硬化症オーファンドラッグベーチェット病成長ホルモンクローン病動脈管開存希少疾病薬事法白血病

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

希少疾病用医薬品の関連情報