コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希望・冀望 きぼう

大辞林 第三版の解説

きぼう【希望・冀望】

( 名 ) スル
ある事の実現を願いのぞむこと。また、その願い。のぞみ。 「早期の実現を-する」 「 -を述べる」 「 -がかなえられる」
将来によせる期待。見通し。 「 -を失う」
文法で、ある動作・作用を実現することを願い望む意を表す言い方。口語では助動詞「たい」、文語では助動詞「たし」「まほし」を付けて言い表す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

希望・冀望の関連キーワード助動詞口語文語

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android