コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝王切開術 ていおうせっかいじゅつ cesarean section

1件 の用語解説(帝王切開術の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝王切開術
ていおうせっかいじゅつ
cesarean section

産道を通過させる正常の分娩が不可能な場合に,子宮を切開して胎児を娩出させる手術。腹壁を切開する方法が主で,腟式手術はほとんど行われない。狭骨盤,前置胎盤などで産道を胎児が通過できない場合とか,母親が妊娠中毒症や糖尿病などのため,あるいは胎児の位置異常,胎盤早期剥離臍帯脱出などで胎児の状態が悪いため,短時間内に出産させる必要のある場合などに行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝王切開術の関連キーワード鉗子分娩分娩予定日異常分娩無痛分娩臀位可不可流動床乾燥機赤旗/黄旗/青旗前頭位フープショット

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone