師岡正胤(読み)もろおか まさたね

美術人名辞典の解説

師岡正胤

江戸の国学者。勤王家。松尾神社大宮司、宮内省御用掛。等持院足利三代の木像事件に加わる。明治32年(1899)歿、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

師岡正胤 もろおか-まさたね

1829-1899 幕末-明治時代の国学者。
文政12年11月生まれ。大国隆正,平田銕胤(かねたね)にまなぶ。尊攘(そんじょう)運動にくわわり,文久3年(1863)三輪田元綱らと足利氏木像梟首(きょうしゅ)事件をおこして捕らえられた。維新後は京都の松尾(まつのお)大社大宮司,神道事務局教授などを歴任。明治32年1月23日死去。71歳。江戸出身。通称は豊輔。号は節斎,布志乃舎。著作に「みすず日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android