コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

師成親王 もろなりしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

師成親王 もろなりしんのう

?-? 南北朝-室町時代,後村上天皇の皇子。
出家して伊勢(いせ)(三重県)南陽寺にはいり,のち大内氏にまねかれ周防(すおう)(山口県)にうつったという。歌が「新葉和歌集」に数首はいっている。没年は応永32年(1425)説のほか諸説ある。法名竺源恵梵。号は爛雲子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

師成親王の関連キーワード後村上天皇室町時代南北朝

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android