コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯座 おびざ

世界大百科事典 第2版の解説

おびざ【帯座】

中世における帯商人の座。帯座の成立は1488年(長享2)ごろと考えられる。《建内記》によると,1447年(文安4),でき上がった帯を大宿織手(のち大舎人座を構成)が直接販売することが,課役徴収権をもつ本所の天台座主によって禁じられ,帯棚または問丸に卸すこととされているが,ここには生産と販売が分離されていく傾向が見られる。やがて販売に携わる帯棚・問丸が結集して帯座が成立した。帯座は1528年(大永8),大舎人座の直売を禁じる奉書をもらっており,帯の販売だけでなく生産の座をも支配するに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帯座の関連キーワード亀屋五位女角倉了以

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android