争論(読み)そうろん(英語表記)disputation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「争論」の解説

争論
そうろん
disputation

一般的にはある問題に対する意見のよしあしを争うこと。スコラ哲学において,マスターがテキストを説明する lectioという公開の講義に際して,最初の説明に対してある矛盾する見解が説明され,それに対する反対が三段論法の形で示される disputatioという教授法があり,狭義には後者のことをさす。この教授法はしばしば神学的教義に弁証法を適応したアベラールに帰されているが,そのアイデアは 11~12世紀の教会法学者が,教会会議や教皇の法令の収集,整理に際し,多くの矛盾する決定を再び調停するために実際的要求から生み出したものである。なお,アベラールの試みは,パリの司教ペトルス・ロンバルドゥスに受継がれ,中世の大学神学部の主要な教科書『命題集』 Quattuor libri sententiarumが彼によって著わされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「争論」の解説

そう‐ろん〔サウ‐〕【争論】

[名](スル)
言い争うこと。口論。「争論が絶えない」「争論の種」
議論をたたかわせること。論争。「与野党が激しく争論する」
[類語]論戦論争論判論陣紛議物議激論暴論極論痛論熱論硬論丁丁発止侃侃諤諤囂囂喧喧囂囂喧喧諤諤舌戦議論口論論議談論風発甲論乙駁口角泡を飛ばす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「争論」の解説

【争論】そう(さう)ろん

論争する。〔戦国策五〕秦王、中(秦の弁士の名)と爭論してたず。秦王大いに怒る。~(或ひと)中の爲に秦王にきて曰く、此れ悍人なり。~(けつ)・(ちう)にはば、必ず之れをせしならんと。秦王、因りて罪せず。

字通「争」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android