争論(読み)そうろん(英語表記)disputation

翻訳|disputation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

争論
そうろん
disputation

一般的にはある問題に対する意見のよしあしを争うこと。スコラ哲学において,マスターがテキストを説明する lectioという公開の講義に際して,最初の説明に対してある矛盾する見解が説明され,それに対する反対が三段論法の形で示される disputatioという教授法があり,狭義には後者のことをさす。この教授法はしばしば神学的教義に弁証法を適応したアベラールに帰されているが,そのアイデアは 11~12世紀の教会法学者が,教会会議や教皇の法令の収集,整理に際し,多くの矛盾する決定を再び調停するために実際的要求から生み出したものである。なお,アベラールの試みは,パリの司教ペトルス・ロンバルドゥスに受継がれ,中世の大学神学部の主要な教科書『命題集』 Quattuor libri sententiarumが彼によって著わされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐ろん〔サウ‐〕【争論】

[名](スル)
言い争うこと。口論。「争論が絶えない」「争論の種」
議論をたたかわせること。論争。「与野党が激しく争論する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうろん【争論】

( 名 ) スル
議論をたたかわせること。言いあらそうこと。論争。 「何ぞ-するを要せん/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

争論の関連情報