帰向(読み)キコウ

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐こう ‥カウ【帰向】

〘名〙 (「帰」は、おもむく、おもむくところの意) ある方向に心がむかうこと。また、そのむかう方向。心を寄せること。帰趨(きすう)
※公議所日誌‐一五中・明治二年(1869)五月「苟も彼の宗門に帰向する者は、断然刑殺」
※自由学校(1950)〈獅子文六〉ふるさとの唄「時至れば、必ず、家と妻とに帰向せざるを得ない」 〔韓愈‐岳陽楼詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる